会員歴3年という浅い私ですが、会長という大役を務めることとなり、不安と責任の重さを感じていますが、皆様に協力していただきながら役を務め努力をしてまいりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 国際ロータリー第2620地区開催の会長エレクト研修セミナー(PETS)や地区研修・協議会に出席して2016~17年度RI会長の方針を学びました。
 RI会長ジョンF.ジャーム氏は、「ロータリーの初期から人類への奉仕はロータリーの礎であり、今日の世界で意義ある奉仕を行う最善の道はロータリー会員になることであると信じます。」その故「人類に奉仕するロータリーの伝承を継承する名誉を授けられた私たちには、このような奉仕を行っていく責務があるのです。」と述べられ「人類に奉仕するロータリー」がテーマであることを学びました。これは、ロータリー活動が「人類への奉仕」に繋がるよう努めることが肝要であると自分なりに理解いたしました。

【RI会長4つの優先事項】
 1.会員増強、
 2.ロータリー財団への寄付と補助金の積極的活用、
 3.ポリオ撲滅 (あと少しです。)
 4.アトランタ国際大会への参加が重点項目
第2620地区生子ガバナー地区目標は、上記4項目を含めた10項目が掲げられています。(P9参照)

 当クラブの目標は、会員数27名を30名となるよう会員増強に努めます。会員相互の親睦と連携が図られるよう例会への会員出席率の向上に努めます。地区補助金事業→地球環境の保全に貢献するための「沖縄サンゴ移植プロジェクト」の実施、青少年交換事業→派遣学生候補者を積極的に募集し、その確保に努めてまいります。また例年実施している特別養護支援施設への出前コンサート事業を柱とし地域への貢献活動も実施致します。第6分区7クラブとの親睦と連携強化にも努め、RI会長の掲げる「人類に奉仕するロータリー」、2620地区重点項目の実践に努めてまいります。
 以上、目標が達成出来ますようどうぞ一年間ご協力よろしくお願いいたします。