キャベツ200gはどのくらい?芯あり・なしで何枚?お好み焼きなら何玉?

スポンサーリンク
食べ物

キャベツ200gってどのくらいなのでしょうか?
はかりがおうちに無い場合はわからないですよね。

はかりがあったとしても、キャベツが何グラムなのかいちいちはかるのは面倒くさいですよね・・

そこで今回は誰でもパッとキャベツが200gかわかる目安はないものか?を調べてみました!

スポンサーリンク

キャベツ200gはどのくらい?芯あり・芯なしで葉は何枚?

まず、キャベツ1玉の重さは約800g~1200gほどになります。

もちろん、大きさや葉のつまり具合によってばらつきがありますが。

標準的なサイズのキャベツは約1000g(1kg)とここでは考えていきます。

1玉が1000gですので、200gだとキャベツ1玉の200/1000=2/10ということで、1/5になりますね。

キャベツ1玉の約5分の1個=200gです。

また芯(軸)を除いた大きな外葉が1枚50~60g前後なので、4~5枚ほどで200gを超えるぐらいになるでしょう。

目安として覚えておいてくださいね。

お好み焼き キャベツ200gはどのくらいの量?何玉必要?

お好み焼きのレシピを見ると、「キャベツ200g」と記載があることが多いです。

上項で、キャベツ1玉の1/5が約200gとお伝えしましたが
なかなか「1/5」、キャベツ1玉を5等分にするのは難しいですよね。

そこでキャベツ1玉=1000g(1kg)と考えて
キャベツ半玉(1/2)=500g
キャベツ半玉の半分(1/4)=250gと考えてみました。

キャベツ1玉あるなら、4等分するとそれが約250gです。

200gよりは重くなってしまいますが・・・。

小さ目キャベツなら1玉800gですので、それの1/4はちょうど200gになりますね!

ちなみに、お好み焼きの場合大切なのは生地とキャベツの配分です。

生地が多すぎると粉っぽくなり、キャベツが多すぎるとかたくなったりしてしまい、どちらもおいしくなくなってしまいます。

オススメの配分は、生地60gに対しキャベツ90gが1人前です!

そしてお好み焼きのキャベツは「粗みじん切り」がおすすめです。

焼くと軽く歯ごたえが残ります。

粗めにカットするのがキャベツのしゃきしゃき感を残し美味しく食べるコツですね!

ただたくさんみじん切りするのは手間がかかるので、ピーラーを使うと簡単に時短できますよ。

キャベツの重さ1玉では?

キャベツは一年中出荷されていて、出荷時期によって春キャベツ、冬キャベツなどに分類されます。

春キャベツは葉の巻きがゆるく、葉は柔らかいです。

逆に冬キャベツは葉がしっかりと巻かれていてずしりと重いです。

なので、ひとえにキャベツの1玉の重さといっても種類や大きさによってもちろん様々です。

春キャベツの場合、重さによってS、M、L、2L、3Lの5段階にわけられています。

真ん中のLサイズを標準にすると、春キャベツの場合、重さは1100~1300gになります。

冬キャベツも同じくS、M、L、2L、3Lに分けられています。

冬キャベツの方が葉の巻きがぎゅっとしっかりとしているので春キャベツより重いです。

1玉1300~1500gになります。

美味しいキャベツの見分け方はある?

スーパーで買う時の美味しいキャベツの選び方ですが、
春キャベツの場合は、芯の切り口が小さく葉の巻きがゆるいものを選びましょう。

また葉が鮮やかな緑で全体的に艶とハリがあるものがおいしいです!

冬キャベツの場合は、葉の巻きがしっかりとぎゅっと詰まっているものがオススメです。

持ったときにずっしりとした重さがあり、かたいものを選びましょう。

春キャベツでも冬キャベツでも、共通して言えるのは

・芯の切り口が新しく、黒ずんでいない
・芯が太すぎない(500円玉程度)
・葉っぱの緑が濃い
・葉っぱがみずみずしく艶がある

ものを選べばフレッシュでおいしいキャベツに出会うことができます。

芯の切り口は簡単にチェックできるポイントなので、ぜひ買う時に気にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました