コロッケが柔らかくて崩れる原因は?うまくまとめる方法は?

スポンサーリンク
食べ物

コロッケって、簡単そうにみえて意外と作るのが難しいものですよね!

私自身も、主婦になってからコロッケを作る機会が増えましたが…
失敗したことは何度もあります。

特に、揚げたときに崩れてしまったり、中に上手く火が通らなかったという失敗がよくありました。

そこで今回は、コロッケが柔らかくて崩れてしまう原因や、バラバラになったときにうまくまとめる方法などをご紹介します。

揚げたときに溶けてしまう原因についてもお話をしていきますね!

コロッケが柔らかくて崩れる原因は?

私自身もコロッケを種から作ったときに、揚げたあとに柔らかすぎてしまって、菜箸で持っただけでボロボロと崩れた経験があります!

せっかく良い色で揚がっていても、ボロボロになってしまうとショックが大きいですよね…

個人的に、この失敗の原因だなと思っていたのは、揚げる前の具材の水分量が多すぎたことです。

なんとなく、揚げる前の混ぜている段階でちょっと柔らかいと、丸めるのも一苦労だったりしますよね。

特にコロッケは、ジャガイモや玉ねぎ、ひき肉など…たくさんの物を混ぜて作りますよね。

野菜は水分量が多いですし、玉ねぎなどは事前に火を通したりもします!

電子レンジで温めたりするだけでも作れますが、それでは手軽なぶん水っぽくなりがちです。

その他の原因としては、しっかり中に火を通そうとして低温で揚げると、崩れやすくなることもあるようですね。

私自身も、自宅で揚げ物をするときは、低温で時間をかけることが多いです。

でもコロッケの場合は、それが崩れやすい原因にもなります!

なるべく高温でさくっと揚げられると理想的ですね。

コロッケがバラバラになって失敗!うまくまとめる方法は?

せっかく時間をかけて作ったコロッケが、揚げたときにバラバラになってしまったらショックですよね…

ここでは、うまくまとめる方法をご紹介していきます!

まずは、先ほど崩れる原因としてもご紹介をしたのですが、揚げる前の具材の水分をなるべく少なくすることが大切です。

例えば混ぜたあとに少し広げて、水分を蒸発させるだけでも、まとめたときにべちゃべちゃになることを防げます。

あまりにも水分が出すぎているような野菜やお肉は、キッチンペーパーなどで拭き取っても良いかもしれません。

そして、水分を蒸発させるのと同時に、具材をしっかりと冷ますことも重要ですよ!

油で揚げたときに、衣が揚がる前に具材の温度が上がりすぎてしまうと、バラバラになる原因にもなってしまいます。

そして、私自身もよくやってしまうのですが…
揚げるときに油に入れたら、ある程度まわりが固まってくるまで、なるべく触らないようにしておきましょう!

気になって何度も触ったり、ちゃんと火が通っていないのに裏返したりすると、これもバラバラになる原因になるので注意が必要です。

コロッケを揚げると溶ける原因とは?

コロッケが揚げたときに溶けてしまう原因としては、油の温度が低すぎることが挙げられるようですね。

私自身も、低温でゆっくり揚げてしまうことが多かったのですが、
これだと衣が固まる前に中見が膨張しやすくなり…結果的に、中身が溶け出してしまうようです。

ちゃんと中身の具材を作って揚げたのに、揚げあがったときに中見がスカスカだった!ということがないように、なるべく高温で揚げてみてください。

どうしても失敗してしまう!という方は、具材を作り終わったら一度冷蔵庫で冷まして、そのあとに油で揚げてみてください。

油との温度差が大きければ大きいほど、失敗しにくいですよ!

まとめ

コロッケって、お店で揚げたてを食べるのは本当に美味しいですし、自宅でも手軽に揚げたてを楽しみたいと思いますよね。

でも簡単そうに見えて意外と難しくて、作り方1つとっても奥が深いなと感じました…

私自身も慣れてきてからは失敗も減りましたが、
なるべく美味しいコロッケを失敗せずに作りたい!という方は、是非今回ご紹介をしたポイントを参考に、手作りコロッケにチャレンジしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました